庄野真代の
The世界漫遊記

庄野真代のThe世界漫遊記

800412_成田
よ〜いドン
タイ
800413_BANGKOK
ウォーターフェス
トクトク    
800415_PATAYA BEACH
パタヤ行きたやゴムゾウリ


インド
800420_CALCUTTA
カルカッタからの手紙
カルカッタにて
インド・ネパール旅行の宿命GERI
800426_KATHMANDU

800504_VARANASI
ベナレスの雀物語
ベナレスの砂嵐
恐怖のチャイニーズ・レストラン
商売熱心リキシャ兄弟
ニューデリーは大都会


800507_AGRA
800509_DELHI
800515_JAIPUR
800517_UDAIPUR
800523_AURANGABAD
800523_BOMBAY
800528_TRIVANDRAM
800531_COCHIN
800605_BANGAROR
800611_BOMBAY

ソ連
800614_MOSCVA
800617_LENINGRAD
800620_MOSCVA

オランダ
800621_AMSTERDAM
800624_OBERGURGL

ドイツ
800625_MüNCHEN

イタリア
800626_VENICE
800629_MILANO
ミラノ生き別れ事件

フランス
800630_PARIS
800701_COGNAC
800704_PARIS

デンマーク
800707_KØBENHAVN

ノルウェー
800708_OSLO

チュニジア
800711_TUNIS
800715_SOUSSE
800716_MAHDI
800717_DJ1ERBA
800718_KSAR HADADA
800720_DOUZ
800722_KAIROUAN
800723_TUNIS

モロッコ
800725_CASABLANCA
800728_MARRAKECH
800730_FEZ
800801_TANGER

スペイン
800804_MALAGA
800808_GRANADA
800811_CORDOBA
800813_SEVILLA

ポルトガル
800815_LISBON
ついに野宿。
リスボンの夜は長かった


スペイン
800818_MADRID
マヨール広場野外ミュージカル
ARANJUES
800821_TOREDO
800822_MADRID
800823_BARCELONA
サクラダファミリア

フランス
800824_NICE

モナコ公国
800826_MONTE CARLO

フランス
800828_LYON
800829_TOURS
800830_BLOIS
800901_PARIS

ベルギー
800903_BRUSSEL
800905_BRUGGE

ルクセンブルク大公国
800906_LUXEMBOURG

ベルギー
800907_ANTWERPEN

オランダ
800908_AMSTERDAM

デンマーク
800910_KØBENHAVN
800911_ROSKILDE

ドイツ
800913_FRANKFURT
800914_ROTHENBURG
900915_AUGSBURG
800916_MüNCHEN
ホフブロイハウス
800919_FüSSEN
800921_MüNCHEN
ノイシュバインシュタイン城
オクトウバフェスト

フランス
800923_CHAMONIX

スイス
800925_GENEVE
800927_LAUSANNE
800928_ZERMATT

イタリア
800930_COMO

スイス
801001_LUGANO
801002_GENOVA
801003_ZüRICH
801004_BERN

フランス
801006_PARIS

スイス
801008_INTERLAKEN
801009_BRIENZ
801010_GRINDELWALD

リヒテンシュタイン侯国
801013_LICHTENSTEIN

オーストリア
801014_ZARTBURG

ドイツ
801015_ROSENHEIM
801016_BERCHTESGADEN

オーストリア
801017_WIEN

イタリア
801020_FIRENZE
ピサ
801022_PERUGIA
801023_ASSISI
801024_ROME

バチカン市国
801026_VATICAN
サン・ピエトロ寺院で、
日本に行く前の
ヨハネ・パウロ二世に
会うことができた

イタリア
801030_NAPOLI
801031_POMPEI
801031_CAPRI
801101_BRINDISI

ギリシャ
801102_PÀTRA
801103_ATHĒNAI
801105_MYKéNAI
ミケーネ

ケニア
801107_NAIROBI
801109_MASAI MARA
マサイ族
801112_AMBOSELI
801114_MONBASA
801116_NAIROBI

エジプト
801117_CAIRO
隔離施設クワレンティーナに収容
801122_出所
801123_GIZA
801125_LUXOR
王家の谷
801127CAIRO
エジプト博物館

ギリシャ
801129_ATHĒNAI
801130_MYKONOS
801203_ATHĒNAI

トルコ
801206_ISTANBUR
やってきましたイスタンブール
トプカピ宮殿とトルコ風呂

フランス
801209_PARIS
801213_決定!パリ公演
801214_マジックバス

イギリス
801215_LONDON
801219_LIVERPOOL
801220_LONDON

アメリカ
801223_NEW YORK
801224_BOSTON
801227_NEW YORK
ニューミュージック
歌手として初の快挙
カーネギーホール出演
NEW YORKのライブハウス

810112_WASHINGTON,D.C.
810114_CINCINATTI
810117_NASHVILLE
810119_ORLANDO
810120_DISNY WORLD
810121_MIAMI
810122_BAHAMA
810125_MIAMI
810127_NASHVILLE
810203_ATLANTA
スピード違反
810206_MACON
810207_AUSTIN
810208_ATLANTA
黒人の教会でゴスペルミサ
810210_NASHVILLE
810212_SAN ANTONIO
810215_ORSTIN
マリアッチミサ
810218_EL PASO
810222_NEW ORLEANS

メキシコ
810225_MERIDA
810227_ISLAMUJERES
マヤ遺跡
810302_MERIDA
チチェンイッツァ遺跡
810304_MEXICO CITY
国立人類学博物館、最高!
ティオティワカン遺跡
アメリカ
810308_LOS ANGELS


世界一周1973ブログ

ネットもカードも
無い1973年、

ニコンFと周った
格安世界 写真旅
ブログ

旅支度編

横浜ーナホトカ編

ソ連 USSR編

北欧編

デンマーク、 オランダ編

ベルギー、ドイツ編

オーストリア編

フランス、パリ、 ロワール編

スペイン、 ポルトガル編

フランス、スイス編


イタリア、ギリシャ編

トルコ、 アフガニスタン編

インド、ネパール編

東南アジア、羽田編

 

アメーバ blogamebro 24da-blog

 


ブログ テーマ ▼

ハピポなブログハピポなブログ

ハピポな動画 blogハピポな動画ブログ

ハピポなアート blogハピポなアートブログ

ハピポな写真 blog

ハピポな写真ブログ

ハピポにゴルフ blog
St,Andrews
ハピポなゴルフの聖地
St,Andrews

 

 

 

1978年「飛んでイスタンブール」の大ヒットで大晦日『第29回NHK紅白歌合戦』に初出場し、
同年「モンテカルロで乾杯」「マスカレード」、1980年にはCM曲にもなった作詞作曲歌唱の
「Hey Lady 優しくなれるかい」がヒットし、TBS「ザ・ベストテン」に出演していた
庄野真代さんはiPhoneも携帯も無かった1980年4月12日、成田のVIPルームで記者会見をし
世界一周バックパックの旅に出てしまった。

この旅こそMAYOと僕らが全青春を注ぎ込んだ「庄野真代のTHE世界漫遊記」(サンケイ出版刊、1982年)プロジェクトだった。
あれから40年以上も経ってしまった古いデータやエアメールがごっそり事務所から出土! した
最初の写真が「マサイ族とMAYOとラジカセ」写真なり。
撮影filmはコダクローム64デイライトタイプ。退色しない外式発色現像ため当時の色が蘇る!

40年近くの時を経た「庄野真代のThe世界漫遊記」(サンケイ出版刊1982年)を電子書籍ではなくWEBで面白く表現出来ないかと思い、仕事の合間に資料整理をしながらアップする予定。

結構大変なデータ量なり。

メールも無い1980年のなんとも不自由で自由な「旅」の通信手段は絵葉書とAerogramme。
しかも通信速度は下り7〜10日。
こんな環境でTBSのベストテン中継やコニャック取材などブッキングしてスケジュールは何度も上書き変更された。

僕のブログ「インターネットもクレジットカードも無い1973年、バックパックとニコンFで格安世界一周 写真旅」も世界中から未だにサイトへのアクセスが途切れないし、MAYOさんへのファンレターも、本持ってヨーロッパ行きました。この店の住所教えてなど結構あるそうだ。

当時の格安海外旅行ガイドブックといえば「THE 1973-74 EDITION OF EUROPE on $5 and $10 A DAY」が元祖と思っていたら、1955年に著者のARTHUR FROMMERGIジョーのためのガイドブックを自費出版していたらしい。

僕のおぼろげな記憶は一部のアメリカ人のバックパッカーが列車の通路やユースホステル、駅のベンチや列車案内の下でのぞいていたトーマスクック時刻表かなぐらいの認識だった。
帰国後「DO CATALOG U.S.A.」ってムックを作っていた75年ごろデザイナーのM崎さんが見せてくれた、1日10ドルに値上がりしていた「EUROPE on $10 A DAY」だった。

1955年自費出版  1955年に著者のARTHUR FROMMERがGIジョーのためのガイドブック。自費出版
1957年「EUROPE ON $5 A DAY」創刊号 1957年「EUROPE ON $5 A DAY」創刊号

Japan and Hong Kong on Five Dollars a Day 1965 こんなのもあった。Japan and Hong Kong on Five Dollars a Day/協賛JAL
europe 5$ A DAY1967 1967年は「EUROPE ON $5 A DAY」
1973年は「EUROPE ON $5 AND $10 A DAY」

バックパッカーのための現地踏破の詳細イラストタウンマップつき格安旅行ガイドを目指し、
「カイロの愛しのクヮレンティーナホテル(隔離病棟)」「やってきましたイスタンブール」
「パリの地下鉄メトロライブ」などMAYOブログに加え、 貧乏旅行のための基本12か条、
安い切符の探し方、盗難防止法、庄野真代の採点付きユースホステルガイドなど旅の豆知識満載本。
サイズはバックパックのサイドポケットから出し入れしやすい130W×260H㍉に決めた。

 

庄野真代のTHE世界漫遊記 庄野真代のTHE世界漫遊記 「庄野真代のTHE世界漫遊記」1982年4月1日サンケイ出版刊

著者:庄野真代
写真・イラスト:小泉正美
企画・構成:西田圭介

バックパックで世界一周・11カ月間・140都市
二人でなんと250万円!

200万円のトラベラーズ・チェックをしっかり腰にくくりつけ日本を出発、LAに辿り着くまで28カ国、140都市。途中で50万円補給したけど、食べて泊って移動して、よくやりました。

★ ギリギリで貧乏旅行するための基本12か条
★ 頭を使っていかに安い切符を探し出す法
★ 怖いけれどども、あえてヒッチハイクのすすめ
★ 盗難防止法
★ 世界のトイレ事情
★ 真代の採点表付きユースホステル・ガイド


時を戻そう。

MAYOと旅する 1980年


バックパックで世界一周・11カ月間・140都市
二人でなんと250万円!

200万円のトラベラーズ・チェックをしっかり腰にくくりつけ日本を出発、LAに辿り着くまで28カ国、140都市。途中で50万円補給したけど、食べて泊って移動して、よくやりました。

★ ギリギリで貧乏旅行するための基本12か条
★ 頭を使っていかに安い切符を探し出す法
★ 怖いけれどども、あえてヒッチハイクのすすめ
★ 盗難防止法
★ 世界のトイレ事情
★ 真代の採点表付きユースホステル・ガイドほか

ページの先頭へ

_____________________________________________


よ〜いドン 

80/04/12


「いつかのんびり気ままに旅をしようね」


これは結婚した時から二人で決めていたこと。
それが実現しそうになったんのは出発の一年前。 パンナム(1991年12月4日に会社破産し消滅)が80日間世界一周のクーポンを、
30万円ちょっとで出していることを友人から聞き、 その気になったのだ。

 

庄野真代のThe世界漫遊記最初はPANNAMのクーポンで80日間世界一周PANNAMのクーポンで80日間世界一周のつもりが⋯⋯


まぶた君(ダンナ様のニックネーム⋯⋯ まぶたがはれぼったいから)は、その日から資料集めに走りまわった。まず、各国の観光局を周り、カタログをいっぱいもらってくる。 そしてトーマスクックの時刻表を買い、読み方をマスターしてヨーロッパの移動スケジュールを立てる。

そのうちに三か月では無理というほど、旅の計画が膨らんでしまい、遂にパンナムの80日間世界一周クーポンはやめにして、他のチケットを探すハメに。

まぶた君は熱心に毎日、旅行日程を作り変えて見せてくれる。私は昔から計画性がないので、こういう念入りなことって気力が続かない。なのに、出来上がったスケジュール表を見てああだ、こうだと文句をつけるんだから全く勝手ね。

さあて、この計画三か月から半年に伸び、一年に延び、「いっそのこと旅の最終地をロサンジェルス
にしてカリフォニアライブを⋯⋯」というところまで発展してしまい、本人もなんだかよくつかめないまま出発の日が来てしまった。

 

庄野真代 世界一周 成田空港 800412 バックパック担いで生まれて初めての合同記者会見に向かう

1980年4月12日。トコロは成田空港VIP室。生まれて初めての合同記者会見を敢行。なにせ初体験、 たくさんのカメラをこちらから写そうと記者に向かってシャッターを押したけれど、あれはちゃんと写ってたんだろうか? 


「どうして旅に出るの?」って質問が多かったけれど、特にかしこまった理由・理屈はない。「旅をしたかったから」── それ以上のことは、旅を始めてからわかることかもしれない。

人生に希望をなくしたとか、自分を見失ったとかは全く無関係だし、いい曲を作るためため でもない。ましてや歴史研究家でもないし、旅行評論家でもなく、普通の青年旅行者。
それも今出来る旅、足を使って、頭を使って、体を使って、今しか出来ない旅をしてみたかっただけなのだ。

搭乗ゲートに入っていこうとした時の見送りの友人たちがみせたなんと心配そうな心配そうな表情!
そのうちの一人ナヲちゃんなどは急に涙をいっぱいためて「死んじゃダメよ」なんて抱きついてくるもんだから、すっかりもらい泣きしちゃって、ずいぶんと湿っぽいスタートになってしまった。

涙はみんなにバイバイしたあとも依然止まらず、税関でハンコをもらうあたりに絶頂となり、すすりあげて機内の人となった。あ〜あ、やっぱり日本人。

もっとハッピーに出発すればよかったなあ。

ページの先頭へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






















 

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 










 

 

 

 

 

ページの先頭へ

_____________________________________________

当サイト掲載の全コンテンツは著作権法により保護されています。

contact us : hapipolife(at)gmail.com  メールアドレスの(at)を@に変更してお送りください。
運営 : 有限会社 由 ビジュアルコミュニケーションを主たる事業とし、平成元年11月創業。