庄野真代の
The世界漫遊記

800412_成田
▶︎よ〜いドン

タイ
800413_BANGKOK
▶︎ウォーターフェス
▶︎トクトク    
800415_PATAYA BEACH
▶︎パタヤ行きたやゴムゾウリ


インド
800420_CALCUTTA
▶︎カルカッタからの手紙
▶︎カルカッタにて
▶︎インド・ネパール旅行の宿命GERI
ネパール
800426_KATHMANDU
▶︎カトマンズ・ノート
インド
800504_VARANASI
▶︎ベナレスの雀物語
▶︎ベナレスの砂嵐
▶︎恐怖のチャイニーズ・レストラン
▶︎ニューデリーは大都会

800507_AGRA
▶︎商売熱心リキシャ兄弟

800509_DELHI
▶︎ニューデリーは大都会
▶︎プロブハットホテルの
▶︎エア・クーラー

▶︎デリーの銀座レストランで
すき焼きを食べた

▶︎ピンクシティーEXPに乗ったら
みんなおじいさんになった


★ インドを召し上がれ
▶︎カンパ・コーラに
グルコビスケット

▶︎Campa Colaって
現在 How match?


800515_JAIPUR
800517_UDAIPUR
▶︎夢のおにぎりピクニック
800523_AURANGABAD
800523_BOMBAY
800528_TRIVANDRAM
800531_COCHIN
800605_BANGAROR
▶︎バンガロールで医者にかかった次の日に
800611_BOMBAY

ソ連
800614_MOSCVA
800617_LENINGRAD
800620_MOSCVA

オランダ
800621_AMSTERDAM
800624_OBERGURGL

ドイツ
800625_MüNCHEN

イタリア
800626_VENICE
800629_MILANO
ミラノ生き別れ事件

フランス
800630_PARIS
800703_COGNAC
コニャック食事地獄・天国
800704_PARIS

デンマーク
800707_KØBENHAVN

ノルウェー
800708_OSLO
国際中継TBSベスト10

チュニジア
800711_TUNIS
おはよう7:00キャラバンⅡ日記
「クエ!クエ!」クスクス
地中海の朝日
▶ジャスミンの花飾りはメンズオンリー
800715_SOUSSE
800716_EL DJEM
▶オリーブの首飾り
800717_DJ1ERBA
800718_KSAR HADADA
800719_CHENINI
▶ベルベル族の村を訪ねる
︎800720_DOUZ
▶食料調達
800722_KAIROUAN
800723_TUNIS
▶チュニジア最高!
▶︎チュニジア・ノート

▶︎付け焼刃アラビア語講座

★チュニジアを召し上がれ


モロッコ
800725_CASABLANCA
800728_MARRAKECH
800730_FEZ
800801_TANGER

スペイン
800804_MALAGA
800808_GRANADA
800811_CORDOBA
800813_SEVILLA

ポルトガル
800815_LISBON
ついに野宿。
リスボンの夜は長かった


スペイン
800818_MADRID
▶︎マヨール広場野外ミュージカル
ARANJUES
800821_TOREDO
800822_MADRID
800823_BARCELONA
サクラダファミリア

フランス
800824_NICE

モナコ公国
800826_MONTE CARLO

フランス
800828_LYON
800829_TOURS
800830_BLOIS
800901_PARIS

ベルギー
800903_BRUSSEL
800905_BRUGGE

ルクセンブルク大公国
800906_LUXEMBOURG

ベルギー
800907_ANTWERPEN

オランダ
800908_AMSTERDAM

デンマーク
800910_KØBENHAVN
800911_ROSKILDE

ドイツ
800913_FRANKFURT
800914_ROTHENBURG
900915_AUGSBURG
800916_MüNCHEN
▶︎ホフブロイハウス
800919_FüSSEN
800921_MüNCHEN
▶︎ノイシュバインシュタイン城
▶︎オクトウバフェスト

フランス
800923_CHAMONIX

スイス
800925_GENEVE
800927_LAUSANNE
800928_ZERMATT

イタリア
800930_COMO

スイス
801001_LUGANO
801002_GENOVA
801003_ZüRICH
801004_BERN

フランス
801006_PARIS

スイス
801008_INTERLAKEN
801009_BRIENZ
801010_GRINDELWALD

リヒテンシュタイン侯国
801013_LICHTENSTEIN

オーストリア
801014_ZARTBURG

ドイツ
801015_ROSENHEIM
801016_BERCHTESGADEN

オーストリア
801017_WIEN

イタリア
801020_FIRENZE
ピサ
801022_PERUGIA
801023_ASSISI
801024_ROME

バチカン市国
801026_VATICAN
▶︎サン・ピエトロ寺院で、
日本に行く前の
ヨハネ・パウロ二世に
会うことができた

イタリア
801030_NAPOLI
801031_POMPEI
801031_CAPRI
801101_BRINDISI

ギリシャ
801102_PÀTRA
801103_ATHĒNAI
801105_MYKéNAI
ミケーネ

ケニア
801107_NAIROBI
801109_MASAI MARA
マサイ族
801112_AMBOSELI
801114_MONBASA
801116_NAIROBI

エジプト
801117_CAIRO
▶︎隔離施設クワレンティーナに収容
801122_出所
801123_GIZA
801125_LUXOR
▶︎王家の谷
801127CAIRO
▶︎エジプト博物館

ギリシャ
801129_ATHĒNAI
801130_MYKONOS
801203_ATHĒNAI

トルコ
801206_ISTANBUR
▶︎やってきましたイスタンブール

▶︎トプカピ宮殿とトルコ風呂

フランス
801209_PARIS
︎801213_▶︎決定!パリ公演
801214_マジックバス

イギリス
801215_LONDON
801219_LIVERPOOL
801220_LONDON

アメリカ
801223_▶︎NEW YORK
801224_BOSTON
801227_NEW YORK
▶︎ニューミュージック
歌手として初の快挙
︎カーネギーホール出演
▶JFK空港からマンハッタンへ
最も安く、安全に行く

▶︎NEW YORKのライブハウス

810112_WASHINGTON,D.C.
810114_CINCINATTI
810117_NASHVILLE
810119_ORLANDO
810120_DISNY WORLD
810121_MIAMI
810122_BAHAMA
810125_MIAMI
810127_NASHVILLE
810203_ATLANTA
▶︎スピード違反
810206_MACON
810207_AUSTIN
810208_ATLANTA
▶︎黒人の教会でゴスペルミサ
810210_NASHVILLE
810212_SAN ANTONIO
810215_ORSTIN
▶︎マリアッチミサ
810218_EL PASO
810222_NEW ORLEANS

メキシコ
810225_MERIDA
810227_ISLAMUJERES
▶︎マヤ遺跡
810302_MERIDA
▶︎チチェンイッツァ遺跡
810304_MEXICO CITY
▶︎国立人類学博物館、最高!
▶︎ティオティワカン遺跡
アメリカ
▶︎810308_LOS ANGELS

 

 

世界一周1973ブログ

ネットもカードも
無い1973年、

ニコンFと周った
格安世界 写真旅
ブログ

旅支度編

横浜ーナホトカ編

ソ連 USSR編

北欧編

デンマーク、 オランダ編

ベルギー、ドイツ編

オーストリア編

フランス、パリ、 ロワール編

スペイン、 ポルトガル編

フランス、スイス編


イタリア、ギリシャ編

トルコ、 アフガニスタン編

インド、ネパール編

東南アジア、羽田編

 

アメーバ blogamebro 24da-blog

 


ブログ テーマ ▼

ハピポなブログハピポなブログ

ハピポな動画 blogハピポな動画ブログ

ハピポなアート blogハピポなアートブログ

ハピポな写真 blog

ハピポな写真ブログ

ハピポにゴルフ blog
St,Andrews
ハピポなゴルフの聖地
St,Andrews

 

 

 


ウォーターフェスティバルで
ずぶ漏れになった       

80/04/14


眠いけれどしかたがない。水上マーケットに行くために6 時30分に、ソムチャイさん、ゆうこさんと待ち合わせをした。
パンコクのAIRPORT からのマイクロバスの中で知り合ったソムチャイさん夫妻にはお世話になりっぱなし。

トクトクで水上マーケット近くのお寺まで行く。 いかにもタイらしい極彩色のお寺が並ぷあたりを通り抜け、船符き場に出た。
ガイドプックには「ポートの値段は交渉次第だが、一人約100 バーツ」と書いてあった。が、ソムチャイさんの巧みな交渉で四人、130 パーツになった。一人あたり32.5パーツ。やはり観光客はぽられているのだ。(1980年当時のレート、1バーツは十円)
ポートがいっぱいの船着き場を出ると製木豆幅100 メートルもある広い川に出た。岸辺には小さな家が密集していて床の下ーは水が流れている。
ちょうど朝なので子供から大人までみんな川の中に飛ぴこんで歯をみがいたり、頭を洗ったりしている。まさに川が生活のすべてなのだ。

庄野真代のThe世界漫遊記 バンコック ウォーターフェスティバル このあとずぶ濡れに

しばらく走りオリエンタルホテル(一般観光客用のツアーポートがここから出る)近くで給油をして、いよいよ水上マーケットのある細い支流へ、入ってゆくのだ。
今日は祭日で、おとといから始まったウォーターフェスティパルの最終日。さっきの岸辺の家の子供たちもいっせいにボリエチレンの袋入りの川の水をプンプン投げてきた。幅7 、8 メートルしかない河の両側、橋の上でズラッと子供達が水袋を手に並んでいる。もう逃げ場がなかった。
ソムチャイさんが立ちあがり、タイ語で、

「この人達は外人だから投げてはいけない」

と叫んでもいっこうに気にせず、後から横から前から上から、キャッキャッと喜んで投げまくる。
頭に何発もあたり、早くもぐっしより。まぷた君は真剣な願でカメラの上におおいかぶさっていて、私をたすけるどころではない。川の水といっても泥でにごっていて不潔きわまり ない。もっと川輻がせまくなると、パケツで水をかけられた。もうメチャクチャ。
他のポートの白人中年女性はほっぺを真っ赤に腫らして泣いていた。
ところがパックツアーらしい日本人三十人ぐらいの団体の乗っているポートは、攻撃されるや否や。ハッと厚手のピニールのカーテンを下ろし、完全密封の状態になり、涼しい顔で子供達の投げる姿を見ている。 ムカッときたが、我々の方がウォータ—フェスティパルを正しく体験していると心を慰めつつ堪えたのだった。

前に何度も水を投げつけられた外人が怒ってけんかになったり、発砲したりの事件があり、問題になっているらしいが、水をかけたことに対して怒ると、健康を祝うお祭りなのに何故怒ると、逆にけん
かになるという。でもパンコク市内では、外人観光客に対する水のかけ合いは禁止されたらしい。
事実、昨日は何もされず、笑いながら水をかけられているおもしろい風習を客観視していたのだ。
でも今日、実際に体験してみて、くさい水でずぷ濡れにされ、とても徴笑がえしなどできません。

ページの先頭へ

_____________________________________________

トクトクについてとくとくと語る

 

街をプラブラしていると5 分に1台、いや2 分に1 台はタクシーや、トクトク(オート三輪のタクシー}が寄ってきてクラクションを鳴らしニヤニヤしながら乗れという。こっちもニヤニヤNO という。足をたたいて、Just Walkingというが、それでも乗れと言ってついてくる。
走る昔からついた名前らしいがそれぞれデコレーションを工夫して走ってくる。

勿論、値段は交渉制。最低料金で8パーツと現地の人に教えてもらったので、近距離の時はいつも8 バーツといって値切り始めた。初めは25バーツとか30バーツとか言ってふっかけてくる。ところが8バーツというと、向こうは一瞬『こいつ知ってるな』とギクッとしてすぐ12バーツとか下げてくるから、10バーツぐらいでまとまれば成功だ。値段がおり合わなかったら、すぐバイバイすればよい。トクトクははいくらでも走ってるのだ。ただ距離がどのくらいあるか普通わかるはずないので、まずいくらかを聞いて、そのふっかけ具合で値切る術を覚えた。

例えば我々が体験したふっかけ航段と、決まった筑設の実例歩普くと25バーツ→10バーツ、30バーツ→15バーツ、35バーツ→20バーツという具合。少なくとも約半分にはなるとみていい。だから、ふっかけられた値段のまず1/3ぐらいをいう。向こうの下げ方が小さい時はしばらくこの1/3で頑張る。でも肉えば30を10と言って、向こうが20に下げてきたら、15なら乗る、それ以上は絶対に払えない風な態度をとると決まる確率は高い。そうでなくても日本人は令離れがいいと、甘くみられているのだ。

絶対負けないという般然という態度が後からくる日本人旅行者のためにも必要なことなのだ。

庄野真代The世界漫遊記 バンコック 市内の映画の看板 市内には巨大な映画の看板

ページの先頭へ

_____________________________________________

パタヤ行きたやゴムゾウリ

 

『僕はパスストップでチケットを売りながら、英語覚えてたんですよ」とアマディーンさんは世間話から自分のことへと話をきりかえた。
よくしゃべる人だ。夕飯を宜べている時に話しかけてきて、海で最近遭難があった話とかを. 一人でしゃべっている。悪い人じゃなさそワだから相槌を打っていたんだけど、.ベースにのってしまったみたい。

「あなたたちはいいですね、そうやって世界を旅して回って、私なんかいくら働いても子供が多いし、一生ここから外へは行けませんよ」
ひとしきり自分の身の上を話してから今度はベトナムの難民がタイにいっぱい流れこんでる話になった。

「ここにだってポロ舟にぎっしり乗った難民がきたこともあるんです。日本は車や電気製品で進出してくるばっかりで、ベトナム艦長に対する救済の手を全くさしのべていない. ベトナムより多少はよいとはいっても、タイだって本当に苦しい生活をしています。どうか日本に帰ったらタイやベトナムに援助の手をきしのべるようにみなさんに伝えてください』
と、話は政治問題にまで発展した。
これはいいかげんにきりあげないと終わらなくなると思い、タイミングを見つけて立ちあがると、アマディー ンさんあわてて言ったのだ。

『あの、ぞれから、住所を教えますから日本に帰ったら私にお全を送ってくれませんか?」

そこに話をもっていきたかったのかと苦笑してしまった。一生懸命話を聞いてあげて馬鹿みたい。
その日、泊まったホテルパンガローの一泊200バーツの部屋はまるで連れこみと雰囲気のせまい暗い部屈で、翌日は奮発してプールつきで海岸線では一番安かった(350バーツというのを3 日泊まるからと300バーツに値切った)パームロッジに移ったのだった.

パタヤビーチはほんとにせまいピーチで、はしからはしまで歩いたって30分で歩けちゃう。海岸線をずっとメインストリートが走っていて主なホテルや店はほとんど面している。公共の乗り物は乗合量トラックパス。小型トラックの荷台に幌 がかかり椅子があってお客さんはそこに乗る。
乗る前に行く先をいうとちょっとふっかけて料金を言われるが‘値切ればたいてい一人3バーツぐらい。我々は二人で5バーツという線を守った。

パタヤにきて時間に余裕のある人は、海岸の突き当たりの小さな港から出る定期船に乗ってコーラン島に行くとよい。
片道1 時間で料金は160バーツ。日帰りにはもってこいだ。

この港のあたりから繁華街が始まり、道の両側にレストランやいかがわしいパーがズラーっとと並んでいる。ほとんどのパーが水兵を相手にしている。アメリカ兵が多いみたい。そしてオカマちゃんが多いのだ。昼間からカモをきがして道をウロウロしているので気味悪いのなん の。
このガラ悪街を100メートルぐらいガマンして歩くと急にガラ良街 になって、新鮮な海の幸を安く食べさせるチャイニーズレストランが並ぶ。一度「NANG・NUAL」で夕飯を食べたんだけどおいしいの、なんのって、Cheek Downでした。

このへんの料金的相場はやはりバンコクよりすっと高い。リゾート地だからかな。
例えば、コカコーラがパンコク市内では3バーツで飲めたのにここでは5〜8バーツ。ホテルやレストランだと、10バーツもとられる。それに中流ホテルでさえ盗難が多いらしい。

同じホテルに泊まっていて、プールで知りあったイラン人(この人まぶた君と国際レース平泳ぎ25メートル決勝をやって負けた)は、前の日に2500ドル知らない間に盗まれて、これから香港、日本へ行こうと思っていたのに行けなくなったと言っていた。
「イランも行きたかったけれど政治状態が悪いからやめた」というと、
この人、笑って「あんなに大きわざしてるのは新聞やマスコミだけで、危ないのはほんの一か所。みんな平和に暮らしている」と言っていた。
でもあれからイラクとの眠争も始まって、あの人どうしてるかなって思う。お金持ちみたいだから一番先にどこかに逃げてるかもね。

一番楽しそうな遊びはパラセーリング。背中にパランュートをつけてモーターボートにひっぱってもらう。.一回250パーツぐらい。
我々はこれからのインドにそなえてもっぱらプールサイドで甲羅干し、お土産なんて何も買わなかったが、まぶた君用のXLのゴムゾウりを値切って15バーツで買った。このゴムゾウリすばらしく長持ちした。
インド、チュニジア、モロッコの熱い大地を踏みしめてベナペナになり、スイスはアルプスの中程で息つきた。立派! 立派!

パタヤビーチマップ イラスト/小泉正美

ページの先頭へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ページの先頭へ

_____________________________________________

当サイト掲載の全コンテンツは著作権法により保護されています。

contact us : hapipolife(at)gmail.com  メールアドレスの(at)を@に変更してお送りください。
運営 : 有限会社 由 ビジュアルコミュニケーションを主たる事業とし、平成元年11月創業。